ウレタンゴムの事なら、オーツケミカル(㈱)にお任せ下さい。

 

 
 
 
 

ウレタンタイヤ・車輪

産業用タイヤ/車輪

 【用途】
     ・ リーチフォーク用ソリッドタイヤ
      ・移動ラック用車輪
      ・キャスター等

      
                             

【特長】
  ・機械的強度が強いため、高荷重に耐え、衝撃に強い。
 ・反撥弾性が高いため、始動抵抗や転がり抵抗が低く電気エネルギーの損失が低減できる。 
 ・床面を汚さない   

 

遊戯用車輪
 

マイティープレン LM9095BLM9395B

  
 遊戯用施設で使用される車輪など高速回転で高荷重のかかる用途に
 おいても発熱が少なく、バーストしにくいため、使用寿命が延びます。

  【特徴】

 ・ 従来のウレタンゴムに比べ、耐摩耗性に優れる。

 ・ 高温時の引張り強さが高く、亀裂やクラックが起こりにくい。

 ・ 従来のウレタンより抜群の屈曲特性があるため、ストレスの蓄積が
   少ない。



 

 
 

 

車輪のドラム走行試験

          試験車輪寸法:115φ×90φ×60W(60R)
       材質: マイティープレンLM9395B
            マイティープレンLM2095N2
        芯体:アルミニウム


   <テスト条件>
    試験機器:600φドラム走行試験機     荷重:800Kg 

                                                       速度:150rpm~300rpm

   走行試験結果

—LM9395B走行試験結果—

速度(rpm) 測定時間(h) 走行距離(Km) 平均表面温度(℃)
150 40 130 36.9
188 20 40.0
225 24 45.1
263 28 46.3
300 20 132 48.7 (*1)
総走行 75 334 異常なし 

                                    (*1) ベアリングの発熱により芯体温度は120℃付近まで上昇。                         
   
—LM2095N2(従来品)走行試験結果—

速度(rpm) 測定時間(h) 走行距離(Km) 平均表面温度(℃)
150 40 130 54.1
188 20 57.1
225 24 61.1
263 28 71.0
300 4.5 30 84.1(*2)
総走行 55.5 232 溶解バースト

                                  (*2) ベアリングとタイヤの発熱により芯体温度は150℃付近まで上昇。

製品紹介へ戻る

ページ先頭へ

 
 
初心者ホームページ作成